2012年06月11日

ヒビの入った塀のリフォーム。


最近、お庭のリフォーム際に、

ヒビが入った古い塀をキレイニしたい、というリクエストを承ります。

その場合は、現状にもよって対処方法は変わりますが、

結構ひどい場合は、下記の様にして施工します。


@既存の躯体に強力な接着剤を塗る。
品名などはこの場では企業秘密とさせていただきます。

1 ウォーリング塀のリフォーム1(下地カチオン処理).JPG

こうする事によって、新たに仕上げる材料がガッチャクし易くなります。
(良くくっ付いて剥れ難くします。)

Aさらに強力な接着剤を使用し、ひび割れ部分などによ〜く入りこませます。

1 ウォーリング塀のリフォーム2クイックメンダー接着.JPG

こうすると、だいたい下地などが可能な状態になります。

Bもう一度、強力な接着剤の下地を作る。

1 ウォーリング塀のリフォーム3カチオン塗布(全体).JPG


Cそして、ようやく塗壁の下地の繊維の入ったモルタルを塗ります。
1 ウォーリング塀のリフォーム4ライトモルタル下地.JPG

Dそして、塗壁を塗る事が出来ます。

1 ウォーリング塀のリフォーム5塗壁仕上.JPG

だいたいこんな感じで、ばっちり強力な塀のヨミガエリデス。

費用などは現状の塀にって様々ですが、写真の様なケースですと34uの面積で50万円前後です。
(面積の計算は両面にわたって行いますので、通常、塀の高さx長さx2倍が一つの目安です。


以上、古くなった塀のリフォームでした。


posted by ONEGREEN  at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 施工作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56391865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック